特集記事

知っておくとイイ事

箱を持つ女性

万年筆を一生使えるようにするには名入れや洗浄などをするといいでしょう。名入れを行なえば愛着がわきますし、洗浄をきちんと行なえば寿命を長くすることも出来ます。手間ひまかけて楽しむのが万年筆です。

More...

オススメから選ぶ

ペンを使う人

様々な種類がある万年筆はランキングから選んでみるといいでしょう。一人ひとり合う合わないがあるためランキングからチェックすることでより一層使いやすい万年筆を手に入れることができるでしょう。

More...

購入するなら

箱を差し出す男性

万年筆を購入する時は一生使えるオンリーワンの万年筆を手に入れるために名入れサービスを利用するといいでしょう。数百円から数千円程度で名入れを行なうことができますよ。

More...

木製と金属製の違い

ハート型の箱

金属製でも木製でも名入れを行なうことができます。どちらも特徴があり木製であれば季節のインクの挙動を考えなくても利用できる特徴があります。自分に合った種類を選ぶことが大事になってくるでしょう。

More...

万年筆を使う人

インクの充填

名入れ万年筆が今話題になっています。自分だけのオリジナル万年筆がゲットできますので検討してみましょう。

万年筆はインクを自分で充填して使う必要があります。ボールペンやマジックペンなどは基本的に専用のインクが充填されたペン先を使います。なくなれば別途販売されているペン先と交換するか、本体自体を買い換えるというのが一般的でしょう。しかしながら万年筆はなくなればインクを充填し書いていく、これを常に繰り返していきます。歴史が古い万年筆は様々なインクの充填の仕方が存在します。古くはペン先をインクボトルに差し込み、毛細管現象で少量のインクが充填されていきました。最近では万年筆の筒の中自体にインクを充填し、書いていくという形で使用されます。インクの充填方法の中でも簡単な方法としてプランジャー式があります。プランジャー式は負圧を利用してインクをボトルから吸い込みます。手が汚れなかったりと非常に利便性が高いことで有名です。

プランジャー式は空気の力で吸い上げる事でインクを充填します。そのためインクボトルにインクの量が少なかったとしても最後まで綺麗に吸い上げて使い切ることが出来ます。充填の仕方は簡単で、尻軸をゆるめインク止を開いていきます。尻軸を引き出し、あとはペン先をインクボトルに差し込みます。尻軸を押し込むとその負圧でインクが充填されます。基本的には1回で充填が完了しますが、インクボトルの量が少ないという時は2回ほど行います。充填される時に空気が入ってしまった時は空気を抜き出す事でスムーズに2回目を行なうことができます。若干コツが必要ですが、慣れれば直ぐに行なうことが出来るでしょう。面倒だと思うかもしれませんがこういった1つ1つの作業が面白いのが万年筆の最大の魅力です。万年筆の虜になった方の多くが一生使い続けられる万年筆を購入します。数万円から数十万円することもありますが、一生使えるとなるとそれぐらい出す価値もあるでしょう。高級品を購入した時には名入れなどのサービスを利用しておくことも大切です。名入れを利用すると自分の名前などを入れることが出来ます。プレゼントとしても利用することが出来るため購入段階でオプションなどを指定して名入れをしてみるといいでしょう。